ニキビサプリメント 薬との違い

ニキビサプリメント 薬との違い

ニキビに効くようなニキビサプリメントの選び方とおすすめとはどのようなものでしょうか?

まずニキビサプリメントと内服薬の違いといったらニキビサプリメントは健康食品であるのに対し内服薬は医薬品、医薬部外品であるという形で分けられます。

 

サプリメントはドラッグストアで販売されるのですが、内服薬は皮膚科にて処方されるもしくは処方箋がある場合で薬局で購入可能です。

 

サプリメントと医薬品でそれぞれどんな観点よりニキビを治していくかといいますと、ニキビサプリメントの場合でしたら、主に不足しがちのビタミンを補って食生活の乱れよりくるニキビに対し効果を発揮してくれる形となります。
ニキビサプリメントの場合でしたら、特に栄養不足でできやすいとされている口周りのニキビ、そして頬のニキビに対しては効果的です。
そして野菜不足の人や疲れが溜まってしまうような人にはお勧めとなります。

 

サプリメントの場合になりますと、内側からニキビについて治すので即効性はないのですが、およそ肌のサイクルの28日間を目安としまして、どんどん改善されるような傾向にあるのです。

 

内服薬はというと例えば、ルリッドやミノマイシンが有名です。

 

これらは抗生物質が働いて、ニキビの原因となるアクネ菌を殺すということで、ニキビを鎮静しましたり、炎症を抑えるといったような作用が働くのです。

 

ただ内服薬はサプリメントと違いまして、副作用もあって、抗生物質が腸内環境を乱す場合もあり、下痢や胃もたれや腹痛の発生する場合もあります。
また抗生物質の場合でしたら長期的で治すこと不可能です。
効果がなくなるのは2週間から4週間となっておりまして、長期的服用では治すことは難しいのです。

 

したがってニキビサプリメントと内服薬、最初に試すのはニキビサプリメントの方が良いと考えられる理由となっております。